竹を焼くときに音を出さないようにする、1つの方法

うちは竹山があり、日々整備をしてきました。

そして、竹山で竹を焼くことがあるのですが、音が

ボンッ!ボンッ!

凄まじい音に毎回ビックリ。

しかも、この前はご近所さんから苦情が入りまして、竹を焼くのをコソコソとしなければならなくなりました。

しかしこの音、ちょっと一手間で消せることが判明しましたよ。

竹の鳴るメカニズムは?

竹 鳴らない

まずは、竹を焼くとなぜ音が出るのかについて書いていきます。

竹の中身はご存知の通り空洞になっていますね。

熱が加わることで、竹の中の空気も温められ膨張します。

そして、竹の体積が、空気の膨張に耐えられなくなったときに、

ボンッ

と、爆発します。

しかし、これはどこがどうなって起こるのか、知ってる人は少ないかもしれません。

実は、節の部分がクラッカーを鳴らしたときのように、パコッと飛び出してきます。

当然、竹の緑色の体幹の部分が裂けて爆発することもありますが、大体はやわらかい節の部分が発射して鳴ります。

竹の中の空間を壊せば鳴らない

とにかく、竹の中の空気が抜ける道ができれば、音はならなく鳴るのです。

しかし、竹の破壊するのは大変なこと。

2つに割ってから焼きましょう。という情報がありましたが、2つに割るなんてそれはそれは大変なことです。

ナタで、サイドに割れ目を入れるといいよと言われ、やってみましたが、ナタをハンマーでガンガン叩かなければならず、それはそれで近所迷惑です。

竹の中の節を棒で壊す

簡単な方法は、鉄の棒を使います。

細い竹でも構わないですが、竹は微妙に曲がっていますし、節もありますから突っ込んだ棒が抜けにくくなるので、ツルッとした表面の鉄パイプがあると便利です。

軽いものがより良いですね。

まずは竹を固定します。

段差をうまく使えば、固定は簡単です。

竹に棒を入れたときに、ズレないようにすればどんな形でもOK。

この中に、鉄パイプをガンガン突っ込めば、すぐに貫通させる事ができます。

力はそんなにいりません。

目安は、竹の反対側から、節の破れた破片が飛び出してくれば貫通の合図。

のぞけば向こう側が見えます。

竹の音を出さないようにする

これで、音は鳴らなくなりますよ。

竹山で火を炊くときの注意点

言うまでもないと思いますが、火は下から上に向かって広がっていきます。

土手の下のすぐ横など、上に火が広がりやすいところでは、火をつけないようにしましょう。

ただ、山は斜面が多いですし、燃えるものもたくさんあります。

竹山で火を炊くときの注意点

  1. 水は必ず用意する
  2. 燃えやすいものを近くに置かない
  3. どんどん燃えるので竹を火に入れすぎない
  4. できれば、最初は小雨の降るときに火をつける
  5. 日の近くを離れない
  6. 消防に連絡を入れる

まとめ

苦情が来ては面白くありませんから、消防に連絡を入れてから、ご近所さんへの配慮もしていきましょう。

竹山は焼かないと片付きませんから、可能なら竹を焼いて片付けたほうが効率よく片付きます。

竹が腐るまで脇に積んでいては、相当な時間がかかり破片が残ってしまいますから。

音がなくなれば、安心して竹を焼くことができるようになりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。