2歳の子供の椅子AFFEL、座面が短く座りやすいが小指がやばい

子供の椅子を探していて、職場の方に教えてもらったAFFEL。

調整が非常にたくさんあって、成長しても使えるということで購入しました。

大まか満足なのですが、後ろに倒れにくい構造になっていて、後ろの脚がグッと後方に出ています。

そのため「ガツ」「ハウー!」となります。

もう星の数ほど、「ガツ」「ハウー!」を繰り返していますが、なかなか改善策が見当たりません。

今回は子供の椅子、AFFELについて書いていきたいと思います。

AFFELは他の椅子には無い座面の短さと足乗せの広さ

子供は当然大人より足が短いですね。

普通の椅子に座ると、足を曲げて座るなら、背もたれに背中をつけることができません。

逆に背もたれに背中をつけて座れば、足を伸ばして長座の形になってしまいます。

ビザを直角に曲げて、背中を背もたれにつけて座るのが大人の椅子に座る姿勢の基本ですが、幼い子供では特別な椅子でないと大人のように座ることができないのです。

その点、AFFELは座面が短く、しかも足を乗せる板もしっかりとしていて、座りやすそうにしています。

AFFELの良さ

作りがしっかりとしています。

脚もしっかり広くついていて、椅子の上で子供が暴れても倒れるようなことはありません。

ネジをしっかり締めていれば、ぐらつくこともありません。

汚れても拭き取りやすいツルツル素材

子供はおやつやご飯やのみものをこぼして、辺りを汚してしまいます。

布製の椅子などは、汚れまくりで拭いてもなかなか綺麗になりません。

AFFELはツルツルな表面なので、拭き取れば簡単に綺麗になります。

届いたら組み立てが必要

段ボールに入った商品が届き、組み立てが必要です。

DIY好きの私は20分ほどで組めました。

妻は40分くらいかかってもできませんでした。

バランスを調整しながらネジを少しずつ全体的に締めていかないといけないのが妻の組めなかった理由でした。

しかし、恐るるなかれ、そんなに難しくはありませんから、女性でも組めると思います。

AFFELのデメリット!

足の小指を何度も打つ

背もたれに比較して、後ろ足がグーっと後ろに伸びているため、足の小指を打ちやすい。

この椅子が届いたその日から私は小指を打ち続ける日々が始まりました。

ロープを巻いてクッションにしたり、目立つものを巻いてみたりしましたが、あまり意味無く外れてしまいます。

どうしたら小指を打たなくなるか模索中です。

椅子自体が重く、子供には出し入れしにくい

「椅子をテーブルになおして。」

と子供に言っても、その重さは相当なもので、カーペットを常時敷いているコールさんちでは、子供の力で椅子を直すことはできません。

また、テーブルに直してあるAFFELを引いてちょうどいい位置に引き出すこともできません。

子供には、出し入れすることができない重たい椅子ですね。

、冷たい

ツルツルの木製の椅子ならどんなものもそうだと思いますが、冬は冷たくなります。

娘は冷たいので、毛布を敷いて座っています。

ツルツルするので、その毛布の滑りを利用して食事中に遊び始めます。

毛布を取ると「冷たいー」となりますので、仕方なくお尻フリフリ滑らせながら、食事しても良しとしています。

重たい椅子が子供の上に倒れた

コールさんちは、子供が3人の賑やかな家庭になりました。

椅子を傾けて遊ぶのは子供の通る道でしょう。

我が家でも椅子を傾けたりして遊んでいると、その重たい椅子が、倒れていた娘の顔面に倒れてきました。

ただでさえ重たい椅子です、結構な衝撃と共に顔面を直撃し、親があたふたしたのは言うまでもありません。

丈夫であるが故に、倒れたりすれば結構な衝撃で怪我につながる可能性があります。

AFFELを勝手に採点

あくまでも個人的な採点です。

ズバリ、

60点!

椅子として子供に座りやすく、安定感があるのは合格点。

椅子としての機能を優先したデザインと、汚れても掃除のしやすさを優先しています。

減点対象とすれば、やっぱり小指をガンガンぶつけてしまう点。

これなら、後ろ足のよくぶつける部分に柔らかなクッションを巻いてくれると助かります。

重さは、安定性を出す上では仕方ないかと思うので目をつぶります。

自分でクッションを後ろ足に巻く

この記事を書いていて、AFFELの一番の欠点である、小指を打つという点を工夫でなんとかしようと思いました。

クッションを後ろ脚に巻いてみることに。

見た目が悪くなるので嫌なのですが、小指をこれ以上痛めるわけにはいきません。

これでストレスが減るといいな。

まとめ

AFFELという可愛らしい椅子を子供達の椅子として買って使ってきた感想を書きました。

トータルでは満足ですが、小指を何度も何度も打ち続けた痛みは、他の椅子なら経験しなかったであろう痛みです。

その痛みを、クッションを巻くことで解消しようと試みています。

この記事を書きながら思いついたので、良いかどうかはまだ分かりませんが、この椅子には後ろ足にクッションは必要です。

これから子供の椅子を買おうとしているパパママの参考になったら幸いです。