ダイレクト出版の100円本購入すると勝手に定期購読へ。気になるけどやめといた理由とは?

YouTubeなどを見ていると、起業家には魅力的なCMを出している、「ダイレクト出版」という企業の本が気になります。

しかも、100円で提供しているという。

「これは買いや!」

と思うのですが、どうも気になるのです。

安すぎる100円という価格が…

そこでいろいろと調べてみると、やはり買わない方がいいという結論に至りました。

というのも、実質100円では買えないようだということがネット上で分かったからです。

今回は、気になる「ダイレクト出版」の100円本を買うとどのような請求が来るのかについて、書いてみたいと思います。

※あくまでも、ネット上で調べた記事と実際のダイレクト出版のサイトを見た情報からの個人的な感想であることをご理解ください。

100円本+会員に自動入会

あいまいな書き方なのですが、実際には100円で本を買うと、自動的に月会費4,950円の会員になるシステムのようです。

そして、これまた自動的に100円本を買ったクレジットカードから月会費が支払われていく仕組みです。

これは憶測ですが、100円本を買った瞬間に定期購読会員費用4,950円が発生する。

定期購読会員をすぐに解約しても、100円本は結果的に5,050円ですね。

100円本の購入ページのかなり下の方に「今後、提供予定の商品」と書いてある

私の場合、購入する商品のページは、最後まで見てから買うようにしています。

今回の「売り方が9割」という100円本も、下の方まで見てから購入しようと読んでいきました。

すると、

「今後、提供予定の商品」とあるではありませんか。

これの意味がわからない。

分からないのですが、月会費が4,950円と買いてあったので、「あやしい」と思って購入をあきらめました。

この時から、ダイレクト出版について調べてみたのです。

次々に「勝手に定期購読」「しつこい」などの文字が…

※あくまでもネット上での口コミなので個人的な感想です。

やっぱり勝手に定期購読会員になるようです。

2,178円を勝手に引き落とされた。

などの書き込みがあります。

これは、定期購読の種類にもよるようです。

会員の解約はできるようです。

できるようですが、

「会員登録の解約」の表示が無いものは、お問合せよりご連絡ください。

ともありました。

解約もめんどくさそう!

「全部の商品に会員登録の解約ボタンを設置してほしい!」

とお願いしたい。

100円本は5,050円と思って、ダイレクト出版を使い倒すなら◯

「ダイレクト出版のコンテンツは優良!」

という書き込みもありました。

私は実際には買っていませんので、中身を見てはいませんが、ダイレクト出版のCMを見ても魅力的です。

さらに、動画コンテンツの提供もされている様なので、そちらで勉強されるなら毎月4,985円も納得と言えるかもしれません。

優良かどうかは、確認できていませんので気になる方は、ぜひ挑戦してみて下さい。

やり方が詐欺に近いと思う

実際に優良な本やコンテンツを出している出版社であると思います。

魅力的なCMは、CMを見るだけでも勉強になりますから。

しかし、100円と歌っておいて、実際には自動的に会員に曖昧な言葉を使って入会させる部分は、決して誉められたものではありません。

「今後、提供予定の商品」

という言葉は、「定期購読を契約する」とは違うと思います。

この部分の言葉を変更してほしいと願います。

「同時に定期購読会員契約を結びます」

にしてくれたら分かります。

そういう分かりにくい言葉を使って、契約させるのは、長期的に見て事業繁栄するとは思えません。

ぜひ、事業繁栄のために、お客さんを騙してお金を取るような行為はやめてほしいです。

まとめ

「売り方が9割」を100円で購入しようと思ったけど、やめといた理由について書いてきました。

実際は5,050円です。

しかも、定期購読の月会費はどんどん上がっているようで、今後はさらに値上げされることが予想されます。

さらに、会員登録の解約もしづらい様子ですので、これからダイレクト出版の100円本を買おうと思われている方は、よく考えてから購入された方がいいと思います。

ダイレクト出版の他の本は、Amazonやメルカリで購入することもできるので、こちらから購入すると定期購読会員などにはならないかと思います。

ただ、魅力的なCMやコンテンツは見てみたい気がします。

定期購読会員に同時になると、腹を括って100円本を購入されるのなら、それはありなのかもしれません。

以上、「ダイレクト出版の100円本購入について」でした。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。